あまりネームとか入れないでほしいのです

HOME » 大場養蜂園ブログ » あまりネームとか入れないでほしいのです

大場養蜂園ブログ

あまりネームとか入れないでほしいのです

先日、毎年恒例の行事っていうかがございましてね。


お世話になってるA銀行さんの会合っていうかですね、取引業者でつくっている会の
年一度の総会っていうものがあったんです。

ま、ようするにちょっとした異業種交流会、いや、ちょっと遅めの新年会って感じ
のものです。

毎年、その年の活動報告、決算報告、予算案、活動予定案なんかをカタチどおりに
審議してですね、ま、だいたい30分弱程ですか、それが終わったら、さ~て…、


THE宴会


とは、いかなくってですね、非常にマジメな会ですので、宴会の前に毎年講演会
みたいなものもあるのです。

その年その年によって、お題目は違いまして。

大体、世界情勢やら、世界、日本の経済の動向のお話が多かったりします。

ま、中には最初っから出席せずに、「宴会タイム♪」のころに現れる方もおられたり
します(笑)。


まぁ、気持ちはわかりますよね。

って、私の場合はとびっきりの若造ですので、宴会タイムが始まると年長の他業種の
方々の有難いお話を聞きっぱなしになるだけなので、それほど「待ってました!!」
感はないのですけども。


そんなわけで、マジメなワタクシは毎回最初っから出席させていただいておりまして。
講演会もほぼ毎回聴いているわけです。
(もしかしたら、聴いてるではなく、THE お昼寝タイムかもですが(汗))

ここ数年は、ちょっと趣向がかわりつつありまして、昨年は講演会のかわりに
落語なんかやって頂きまして。
富山出身の柳家さん生師匠がお越し下さりましてね。

不景気が続いておりますので、ここらでひとつ

「不景気を笑い飛ばしましょう」

てえな趣旨だそうで。

なんだか、この時だけは総会が終わって、さあ講演会(落語)ですよってタイミングで
急に人が増え始めたりして(笑)。

生の落語なんて初めてのことだったのですが、なかなかおもしろかった事を覚えてます。

で、今年も落語がいいなぁ~、なんて思ってたんですけどね。

今年は「歯」についての講演でした。

ま、会員さんには年配の方も多いので、長く歯と付き合うためにという趣旨だそうで。

ふ~む、なるほどね。


んで、まぁ、会員である歯科医の先生が講演をなさるわけですが。

その前にですね、資料なんかも用意して下さってましてですね、銀行の方がですね、
順番に資料を配りはじめたわけです。

さすがにA銀行さんの行員の皆様です。
キビキビと資料の配布ひとつでも、テキパキしてます。

で、私のところにも、ウチの担当をしてくれていた「得意先係」の方が、資料を
持ってきてくれたんです。


得「資料です、どうぞ。」

私「あ、どうも有難うございます。」


で、次のお隣の会員さんのところに、資料を配るかと思いきや、


得「お、社長、いいボールペンですね!!フフッ。」


なんだろ?


ボールペン?


そーいえば、なんとなく手持無沙汰だったので、別にメモ採るわけでもないのに
手にもってたな~、と。


これが、ま~至ってどこにでもあるポピュラーそのものって代物でしてね。
どこぞで頂いたボールペンで、何の変哲もないものなわけです。
結構、書きやすかったりはするんですが。

ちょこっと見ただけで、なにが、どう、いいボールペンなのやら?

??


って顔してたらですね、その得意先係さんがニヤリと笑いつつ、無言で私の
ボールペンを指差したのです。

その指の先をたどって視線を移すと…、


B 銀 行


って、ネームが(鬼汗)。

うげぇぇぇぇぇぇぇぇ。


あ、あの、ちょっと、整理しますとですね。

この会合は 「A銀行」さんの取引業者の会合なんですね。

で、私が手にしていたのは 「B銀行」さんのボールペンと。


やっちまいましたね…。
しかも、新年会から…。


いや、もう、ほんと、聴いていいですかね?

なんで、私、「B銀行」さんのボールペンなんて持ってるんですかね?

そいでまた、なんで、そういうボールペンに限って、変に書きやすかったり
するんですかね?

で、ど~してそんなボールペンに、ご丁寧にお名前が入っっちゃってるんですかねぇ(泣)?


なんとも悲しいお話ですが、最後に帰り際ですが、


私「いや、すみません、言い訳させて下さい。」
  「ウチの母が積立かなんかだけしてるようで、その時頂いたボールペンで、
   あちらとは会社としての付き合いは全くないので…。」


得「いや、社長、わかりますよ。」
  「ボクらもありますもん。お客さんとこで、よそさんのボールペンみかけたら、
  使わせて頂いて、そのままひょいと持って来ちゃったり。ははは(笑)。」

いや、なんか、乾いた笑いとともに、すっごい気ィ使ってくれてるのはわかるんですが、
ちょっとムリしてお話を作ってませんか?

逆に、さらに申し訳ない気持ちになってしまうのですが。

反省。
猛省。

皆さんも「ネーム入りグッズ」には、くれぐれもお気をつけ下さい。

ページの先頭へ戻る