さんきゅー(39)とか言っても、ダメなもんはダメ!

HOME » 大場養蜂園ブログ » さんきゅー(39)とか言っても、ダメなもんはダメ!

大場養蜂園ブログ

さんきゅー(39)とか言っても、ダメなもんはダメ!

当園の支店、新根塚店カフェ38では、その名の通り、はちみつの販売だけでなく、
カフェを併設させて頂いております。

パンケーキとか、スコーンとか、はちみつと相性のよい食べ物とか、甘み付けに
はちみつを使ったジュースなどをお出しさせて頂いておりますが。

カフェのメニューの中に、『はちみつマフィン』がございます。

イチジクを使ったもの。
チョコとオレンジを使ったもの。
ブルーベリーを使ったもの。
イチゴを使ったもの。

など、おかげさまで、カフェにお越しのお客様からご好評をいただいております。
有難うございます、有難うございます。

週末は品切れする日もあったりしますので、マフインだけでなくスコーンなど、
他の商品も、朝早くから仕込みをさせて頂いているわけですが。

そんなある日。

うちのともピー(長男小2)が見つけてしまいました…。


焼きたての『チョコマフィン』を…(汗)。

とも「まま!マフィン、たべて、いいですかっ!!ていうか、くださいっ!!」


まま「あげるわけないでしょっっっ(゜ロ゜!!」ゴゴゴ…。

とも「ええ~、たべたいぃ!こんな、いいにおい、してるんに、いじわる!」


まま「意地悪とかそんな話じゃないでしょう!一生懸命焼いたこのマフィンを
   お客さまにお出しして、それでうちは生活させて頂いているんだよ?!
   アナタ、お客さまの物をどうして食べようなんて、食べられるなんて
   思えるわけ!?お店で提供させて頂く商品をアナタが食べてどうやって
   生活していくわけ!?というより、何でも自分のしたい事、食べたい事
   できるわけないでしょ!いい、アナタ、アフリカの恵まれない子供達は、
   好き嫌いどころか、食べるもの自体が不足して~…」


とも「…。」


ママのまさかの猛反撃に、さすがのともピーも撤退。


…したように、見えたのですが、ここから、奇跡の攻撃に出ました!


とも「じゃあ、まま、ぼくの、ぜんざいさん、あげるから、まふぃん、うってください!」


見ると、ママに貰ったおこずかい、カフェでお手伝いした時のアルバイト代
(日給100円(汗))が入った、くまちゃんのお財布を握りしめて、ママに
懇願し始めました。


とも「はい、これ!!」

と、ともピーが財布の中身をすべて握りしめ、ママに差し出しました。
強く握られたその手の中身は…、

  3  9  円  …。

グハっ!!

…うう…、ともぴーよ、
激しく足りてませんよ、お金が…。

さんじゅうきゅうえん、て(泣)。

可哀想だから、一個買ってあげようと…、

なるわけありません!!

ママ曰く、「世の中そんなに甘くない。」

そうです。

「お金は大事にしなくては」
「ほしいものを手に入れるためには努力(お手伝いとか)が必要」

ということを、学んで頂くよい機会だそうです。


同感。


ともピーよ、世の中は君の大好きなチョコマフィンやはちみつのように、決して甘くは
ないのです。

ページの先頭へ戻る