りっしんべんは厳しい

HOME » 大場養蜂園ブログ » りっしんべんは厳しい

大場養蜂園ブログ

りっしんべんは厳しい

ずいぶんと涼しくなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私めはと申せば、相も変わらず、バタバタやっておる次第でござりまして。

が、そんな中でも少しは変化もございまして。

今回はその事について書いてみようと思うわけなのです。

以前にも書いたと思うのですが、ウチのしたのボウズは、相も変わらず食欲全開
でして。

真夜中でも

「んギャ…。」

「…ヴええぇぇん、ぱいぃ、ぱいぃぃ。」

って、突然おっぱいよこせ~って泣きだすんです(汗)。


ま、その度にママがおっぱい飲ませて、黙らせてる次第なんですけど。


そんなわけで、下のボウズはいつもママと一緒に寝ておるわけなんです。

ウチは大人二人と子ども二人ですので、寝てる時は所謂 「川」の字プラス 「1」
になって寝てるんです。


布団はウチの奥さん、上のボウズ、私、と三人前を順に敷いてありましてね。

下のボウズはウチの奥さんと一緒にねているのです。

ところが、上のぼっちゃまは自分の布団で眠らずに、いつも私の布団にもぐりこんで
くるのです。


「自分の布団で寝たらどうかなぁ?」

って言うと、

「え・と、あ・の、ぼ・く…、ぱぱチームだから!」


って、なんのチームなんだよそれ(笑)。

けっこう狭いんですけど。


ってわけで、いつもパパとママの布団の間に空の布団がある状況なのです。

で、ここ数日なんですけど、ちょっとした変化が見られるようになりましてね。

なんと、下のぼっちゃままで、私の布団のところに来るようになりまして!!


最初は、私のところへ来ても、ちょこっと遊んでやってるうちに、やっぱりママの
所へ戻っていってたのですが。

なんだか、遊ぶ時間が長くなってきはじめまして。

「さあ、もうねんねの時間だよ。」

なんて言っても、

「ねんね、ねんね。」

って言うだけで、全然ママのところへ行こうとしないんですよね。

しょうが無いので、ちょっとだけと思い、


「入る?ん?」

って、掛け布団を持ち上げてみたところ、匍匐前進ならぬ、匍匐後進しながら

「はいる、はいる」

って、まんまと私の布団に入って来まして。

いや、もう、なんだか、  パ  パ  大  人  気 。


ふふっ。


暗闇ながら、ママの悔しがる顔が目に浮かぶ状態でございまして。


私の布団だけ見ると、親子「川の字」たっせい~♪

うはははは。

って、言ってる場合ぢゃないんですよ(汗)。


いや、ほんと、一つの布団に三人って、ムリ。

三人中、子どもが二人でもムリ。


上のお兄ちゃんは、なかなか立派な寝ぞうで布団に斜め45度、下手すりゃ真横、
直角になって寝るなんて贅沢な布団の使い方しやがるし。

下のボウズは私がちょっと寝返りすると、「ビクッ」として、

「…ヴええぇぇん」

って、ちょっとヤメて下さいよ、アンタたち。


上のボウズは寝ながら真横方向に移動して、布団から上半身だけ出て行っちゃうんです。

風邪ひかせないた為に、しょっちゅう布団に引き込み直さなきゃならんのですが、
それも下のボウズを刺激しないようにそろぉ~っとやらにゃあいけんのです。

当然上のボウズを布団に入れ直すと、また鬼のように狭くなるわけでして。

下のボウズを泣かさないために、余計な動作は極力慎まねばならぬぞ!!

って、なんだかよくわからんのですが、睡眠とるために床についたはずが、布団の中で、

ま さ か の 直 立 不 動 耐 久 レ ー ス (滝汗)。

               ↑
      (こいつはマヂメにキツいですよ皆さん)

もうね、親子「川の字」なんていってられないんですよ。

これほもはや、立派な「りっしんべん 忄 」。

完全無欠の「りっしんべん」でございます。


朝になると腰やら肩やら首やら、毎朝あまり無事ではない状態で起床時間を
迎えさせて頂いております。


あぁ…、一体いつまで続くんだろ。

人気者はツラいなぁ…。


(悔しがる顔どころか、ママのしめしめ的な表情が気になる今日この頃です)

ページの先頭へ戻る