国産・天然ハチミツの大場養蜂園

大場養蜂園お仕事日記

会合に出席しました <続き>

2006年02月18日(土)
園主日記

前回、「会合に出席しました」というタイトルで更新しましたが、
考えてみれば、会場に向かうまでの事しか書いてないので、
今回はその後の事をちょこっと書いてみようかと思います。
(他にネタが無いんだろ!とか、鋭いツッコミはご遠慮ください(笑)。)


>>

前回も書きましたが、この会合の出席者の方はほとんどが
私の父と同世代(下手すりゃそれ以上の方も)。
そういった方々が例年70〜80人ほど出席されてます。

ま、毎度のことですが、


ほぼ完璧に近いほど浮いてますね。 わたくし。


毎年落ち着かない時間を過ごす事になるわけですが、
こういう場では、普段知ることのないお話や、その話の中から
意外なアイディアを頂けます。
ですから、この会合にはできるだけ参加するようにしてます。
で、やっと中には私の事を覚えていてくれる方が何人か
居るようになってきました。
(中には、蜂蜜を定期的に買いに来てくださる方も)

が、まだまだ、「あれ、誰だ?」
という方が圧倒的に多いので、結構いろいろな方と
お話をするように頑張っています。

で、いろいろお話していると、あまり料理を食べる事が
できません。
でも、お酒は注がれます。
注がれるとなんとなく飲みます。
話しながら、注ぎつ、注がれつ飲みます。
すると・・・


 おなか空っぽ
   ↓
 お酒飲む
   ↓
 酔っ払い完成


皆さんの予想どおり、わかりやすい展開です。
そうこうする内、終了時間になって帰ろうとしましたが、
なにしろ、ロクに食べずに(アルコールだけは結構摂りましたが)
料理をほとんど残すハメになったので、腹ペコ。
とういことで、途中でラーメンたべて帰りました。

で、翌朝。
「酔っ払い!、いい加減にしてくださいっ!!」
と、おこられました。  妻に。

うすうす気付いていたのですが、帰ってきてからかなりの
酔っ払いテンションで、何が面白かったのか良く覚えてませんが、
ひとりでゲタゲタ笑ってたような覚えがあります。
しかも、帰宅時間はPM8時30分頃(笑)。
この時間帯にこんなに勢いのある酔っ払いって、どうなの?
といった感じだったようで・・・。

普段、オトナしい妻もムッとしてました。
そりゃ、怒りますよね。普通に。
(酔っ払いに何言っても無駄なので、夜討を止めて朝駆けにしたそうです。敵ながらあっぱれ)


ごめんなさい。  次から気をつけます。
・急行のりくら(2006/02/20 08:04)
こん**は。どこでも一緒ですね。年齢層が、幅広い会合は まだ何とかなるのですが、年配の方々が多いと腰が引けて 隅っこの方で小さくなってます。
帰りはカミさんが 迎えに来てくれるので(時間厳守が条件)楽なんですが車の中では しゃべりっぱなしなので 翌朝うるさかったとグチグチ言われます。
だけど 妻よ お互い様なんだけどな〜。
・園主(2006/02/20 21:52)
急行のりくら様、コメント有難うございます。
激しく同意(笑)!!
今回は確かに私がちょっとハイになってしまいましたが、うちの妻も呑みにいくと
そこそこ賑やか(?)になって帰ってくるはずなんですが・・・。
この微妙に納得いかない感じ、どこのお宅も本当に同じようですね。

会合に出席しました

2006年02月16日(木)
園主日記

先日、いつもお世話になっている銀行さんの会合がありました。
正確には銀行さんにお世話になっている自営業の方や、
会社の経営者の方で作っている会がありまして、
その会の年に一度の総会があったのです。

PM6:00から総会、PM6:30から懇親会(所謂、飲み会ですね)
という予定。
・・・のはずが、勘違いしておりまして本当は

PM5:30から、総会、PM6:00から懇親会!!

出席者は、ウチの父親位の年齢の方がほとんどです。
私のような若輩者が遅れて行くわけにはいきません。
自宅に帰ってスーツに着替えてから行かねばならなかったので、
これは、遅刻してしまうのでは?というタイミング。
慌てて、妻に運転してもらい店を飛び出しましたが、
こういう時に限って、信号だの、踏み切りだのに捕まって
各駅停車状態。

ま、人生ってのは大概こんなもんですよね。
…と、余裕のコメントができるのは平静を取り戻した
今だからです。
現実には、結構(かなり)アセってました。


>踏み切り待ちにて

私 「ねえ、ねえ、この遮断機早めにあげてもらえない?」
  「ちょっと、急いでるんだけどっ」

妻 「私に言っても、ど〜にもならないでしょ」
  「第一、誰のために急いでいると思ってるの?」

「誰のために急いでいると思ってるの?」この一言に、
アセっていた私は思わず妻に言いました。
ええ、言ってやりましたとも。

「  銀  行  さ  ん  で  す  よ  ね  。」

…わかってます。正解は
「私のために急いでもらってます。申し訳ございません」
だということは…。
ただ、他のものに全力で責任転嫁してしまうほど、
その時の私はアセっていたわけです。
妻は、思わず笑ってくれましたが、私は厳しく反省しております…。

(結局、会場に着いた時間は開始より25分も早かったりして。)

帰宅時間とテレビ放送

2006年02月12日(日)
園主日記

冬のこの時期、現場の作業はひと段落。
一年のうちで、比較的時間に余裕のある時期です。
そこで、普段はあまり出かけることがない私達もこの時期は
たまに親しい仲間とお酒を飲みに行ったりする事があります。

前回は私が食事を食べに行ってきたわけですが、今度は妻が
友人とお酒を呑みに行くことになりました。

この時期以外は二人ともなかなか友人と食事や、呑みには行けないので、
仕事が終わった後気持ちよく送り出しました。

ちなみに、その日の私はコンビ二弁当で豪華(涙)な晩餐を
楽しみました。
なんか、独身時代を思い出しました…。


で、ひとりでテレビ見たり、PCに向かっていると気が付けば
時計の針は12時をまわろうかというところ。
その後、しばらくすると妻が帰ってきました。
時間は、12時30分をかるく過ぎた頃。
たまには遅くなってもいいかと思っていた私ですが、
前回の件があったので、

私 「あれあれ?、この前のオレより帰り遅いね〜。ま、別にいいケド。」

と、軽いジャブ。
すると、

妻 「ちゃんとテレビの放送終了前に帰ってきたでしょ(笑)」
   「ところで、NHKの韓国ドラマ録画してくれた?」

ほ、放送終了時間って・・・。
その上、当然録画なんかしてる訳もないし・・・。



・・・カウンターで右ストレートを食らった気分です。


どうも、また負けたような気がします。
(「帰宅時間、放送終了まで」という基準がよくわかりません)

帰宅時間とテレビ放送

2006年02月06日(月)
園主日記

先日、友人と晩御飯を食べてきました。

ゴルフの打ちっぱなしとかいうものに連れて行ってもらい、
その後、「じゃあ、ついでにメシも一緒にいきますか」
といった感じで。

お酒を飲むわけでもなかったので、妻にはそんなに遅くならない、
と言ったのですが、妻が一言。

「テレビの放送終了までにはかえってきてね。」

確かに、本気でお酒を飲みに行くときは(年に2〜3度だけですっ)
AM2〜3時頃になってしまい、こっそりウチに入ることもあります。
しかし、いくらなんでもこの日はあくまで「お食事」。
という事で、「遅くならないよ。大丈夫だよ〜ん」と出かけました。

で、本当に久しぶりだったので、ファミレスでご飯食べながら
盛り上がってしまい、気が付くと日付がかわりそうなタイミング。
いそいそと店を後にし、家路へ。

予定より遅くなってしまいましたが、ウチについた時間は
まだ(?)深夜12時を少しまわった頃。
なぜか部屋が真っ暗で、いつもならまだ起きているはずの妻が、
もう休んでいる様子。

ちょっと遅くなったけど、一応テレビの放送終了までには
余裕でセーフ。


と、思っていましたが、翌朝思いもよらない展開が…。

妻 「遅く帰ってくるからよく眠れなかったよ」

私 「おぇっ?、ぐっすり寝てたじゃない。それに約束どおりテレビの放送終了前に帰ってきたケド…。」

妻 「ウソばっかり。テレビの放送、終了してたでしょ?(笑)」

…いくらなんでもそれはウソだろ。
12時過ぎに放送終了になるテレビ局なんて存在するわけがない。

と思っていた私に妻が黙って前日の新聞のテレビ欄を広げて
差し出しました。

そこには、・・・驚愕の事実がっ!!。

なんと、本気で12時過ぎに放送終了している局があったのです!!
それは泣く子も黙る、富山の民放の雄「チューリップテレビ」さん。
(この日だけ、試験放送だかの関係で終了時間が早かったそうです)



 が び ー ん 。

ありえないけど、これが真実。
完敗です。
・急行のりくら(2006/02/09 08:28)
はじめまして。BONGOさん繋がりです。園主さん みっけ。これからもチョコチョコ寄らせて頂きます。
婦○自動○の社長ご夫妻と縁ありでしょうか?
・園主(2006/02/10 10:23)
コメントありがとうございます。

BONGOさんのHPでごく稀に登場するだけの私でしたが、
とうとう見つかってしまいましたね(笑)。
是非、是非、またお気軽にこのHPにもお立寄りください。
今後ともよろしくお願い致します。

PS:じつは・・・「婦○自動○の社長ご夫妻」は、親戚だったりします。
・急行のりくら(2006/02/11 13:37)
婦○自動○の社長ご夫妻には大変お世話になった者です。いい意味も悪い意味も・・・(笑)
ですから たまには蜂蜜が流れてきたりします。
・園主(2006/02/11 21:31)
当園のハチミツを召し上がっていただいた事があるとの事、とても嬉しいです。
有難うございます。

なんだか、「悪い意味も・・・」ってところがビミョーなカンジがしますが(笑)、
婦○自動○さん共々、どうぞよろしくお願い致します。

包丁、研ぎ過ぎに注意しましょう  続編

2006年02月03日(金)
園主日記

こんにちは。

棚卸の関係で、包丁研ぎのお話の続き、更新が遅くなってしまいました。
それでは早速、続きです。↓

>> 

「おまけにこれも」といって差し出された出刃包丁。
これが最強の難敵でした。

差し出された出刃包丁は私の祖父がつかっていた年代もの。
(祖父は20年以上前に亡くなりました)
うちの祖父は、魚が好きで私が子供の頃、よく台所で
魚をさばいていた記憶があります。
魚の種類は覚えていませんが、結構でかいのをマルで買って来ては、
自分でさばいてました。
挙句の果てに「アンコウ」までさばいてました。
当然、ぶら〜んと吊るしてさばいてました。
子供心にものスゴ〜く恐怖心を抱いた覚えがあります。
(なんか見た目にいきなりおっかないですよね…)

アンコウっていろいろなものを丸呑みしているらしく、
中から、未消化の魚(鯵とか鰯の類だったかと…)なんかでてきて

「おっ、もうけた♪」

みたいな事いってたような気がします。
子供の頃の私にとっては異次元の空間から魚が登場しても
これまた恐怖の対象以外の何物でもなかったワケですが…。

…そんな祖父がつかっていた包丁が、長い歳月を経て、
私とご対面というはこびとなったわけです。

が、凄い事になってました。
切れるとか、切れないの次元ではなく、もう、刃がボロボロ。
どころか、3〜4ミリ位の「穴」(と言ってもいいくらい)みたいな物が
4箇所くらい刃のところにあります。


私「…これ、研ぐわけ?」

母「よろしく〜 ♪」(テレビみながら)

刃は欠けているが、本来の物は結構良い物だそうで…。



    ↓ 体温10度くらい上昇しそうな勢いで「研ぐ」

小一時間後 「完了」 。

う〜ん、ど〜見ても包丁、短くなりましたね。これは。
この後、ウデがしびれてしばらくまともに力が入りませんでした。

タイトル、「包丁研ぎ過ぎ注意」より、
「こんなになる前に注意しましょう」が正解でしたかね?


研ぎあがった包丁を見て母が一言

「あら、きれいになって。出刃包丁買わなくって済んだね。儲かっちゃた♪」


…そうか、儲かったんだ。
なんか、なんか、よく分からないけどよかったって事にしておこうと思います。
(うでの痺れが消えるまで2時間程かかりましたが)

過去ログ 200506 07 08 09 10 11 12 
200601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11