大場養蜂園ブログ

HOME » 大場養蜂園ブログ

大場養蜂園ブログ

いよいよ大晦日ですね。


今年はいろいろな事があった一年でした。


本格的な子育て参加(2月に妻と子供が実家から帰ってきました)。

引越し。

新根塚店のオープン。

大和さんの移転リニューアルオープン。

ほかにもいろいろな事があった一年でした。

一年通してドタバタした年でしたが、
おかげ様で無事に大晦日を迎えることが出来ました。
皆様本当に有難うございます。

皆様のこの一年はいかがでしたでしょうか。
新しい年が皆様にとって良い一年となりますよう。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

クリスマスですね

きょうはクリスマス、ジングルベルな日でござりますね。
世は昨日のイブからなんだかお祭りムードが漂って
いるようで。
みなさま、楽しげで。

ふふっ・・・。

言ってるワタシは し ご と ですがね・・・。
昨日も今日も し ご と ですがね・・・。
働かざるもの食うべからず。
我が家のギリギリの経済情勢のため、死に物狂いの365日ですから・・・。
(と、いいつつ定休日をいただいてますけど・・・(笑))

ま、そんなこんなで、昨夜仕事の帰りに車を運転しておりまして
ですね。
信号で停まった時に何気なく隣の車に目をやったんですがね。
隣に若~いお母さんと、子供さんが乗ってるのが見えたわけ
でしてね。


 ん ! ?


親子で仲良くしている姿が目に入ったんですが、
良く見るとなんかトンデモなかんじではないですか!!

ちょっと、なかなか見ないと思うんですけどね。
見たところ1歳半~2歳になってないかな~くらいの子供と
そのお母さん。
ココまでは普通ですよね。
そのオカアサンがですよ。
子供に頬擦りしているのですよ。

いや、いや、別にそれもイイヂャない。
親心ってのはそ~いうモンでしょ。
っていう方、気持ちは分かります。
ただね、問題なのはそのオカアサンが

 運 転 者 

な訳ですよ。


つまり、分かり易くいいますとね。
運転しているオカアサンの体と、そのオカアサンが握っている
ハンドルの

 そ  の  間  に  子  供  が  い  る  !!

ってことなんですよ。


うぉゎ~!!
シンジラレナ~イ(ヒルマン監督風)!!!

当然、チャイルドシートの「チ」の字も「チャ」の字も
あ~もう、「パ」も「ピ」も「プ」もとにかく
全く、
全然、
さっぱり、
くっきり、
きっちり、
どっきり、
ずっしり、
がっちり、

 な い ん で す よ ~~~~ !!!


すご~。

オイオイ~!
向かい合って親子でケタケタ笑ってる場合ぢゃあないよっ!!
前見なさい!前!
(って、ワタシもですか?(笑))

オマワリサンに止められるとか考えないんかな~?
年末特別警戒中だったりすると思うけど・・・。

イヤ、そんな事いってる場合か!
万が一の事があったらその子の命の保証はないんだぞ~!!

だって、ほら、助手席に続いて運転席って危険な場所ですよね。
事故時に致死率が高いって言うか。
さらに自分のひざの上に子供置いて運転するって、え~!!
正面衝突とか(自分が気をつけてても対向車が突っ込んで
来ない保証は無い!!)起こしたら、おそらく親より、
子供の方がキケンな気が~!!

いや、それ以前にハンドル操作を誤って、

 全  力  自  爆  へ  一  直  線  !!

ってカノウ性 大 盛 。

って熱くなってたら、ちょこっとその横にまた何かを発見。
そこには。

もう一人子供がいました~。

こちらは幼稚園の年長さんくらいかな?

バンザーイ。
お兄ちゃんがいてくれるから安心安全だね。

って、 そ ん な の カ ン ケ ー ね ー  !!

ですよね。


オカアサンのすぐ横。
つまり、助手席と運転席の間の狭いスペースに突っ立てました。
うん。
こちらも、激しくキケンなトコがお好きなようだね。


あははは。


あぁ~。

オワッタ~。


あの、
あのね。
オカアサンね。
ワタシも人の事言えないかもですけどね。
子供がカワイイのはわかるけど。
もうちょっと子供の安全といか、むしろ

 危  険  性

について考えてあげたほうが、ど~かな~って。
うん。
ちょっと、そう思います。


イブの夜にちょっとスゴイ物みてしまいました。
その後、信号が青になると、シュルッと左折してワタシの
視界から消えて行きました。
いや~、子供抱えて良くハンドル切れるな。
うん、ウマイもんだ。
天才だね。
って、いや、そうでなくてだな(汗)。

今回のワタシの魂の叫びはコチラ。

    ↓


オマワリサ~ン。
あの2人の子供のために、頑張ってオカアサンを
とっつかまえて、キップと同時に小一時間くらい
説教してあげてくださ~い。

(ん?停車中とはいえ、見間違いかと思ってガン見してもうた私は脇見運転?)

キョウは12月12日ですね。

いちニイ、いちニイと、非常に語呂が良いというか
覚え易いというか。
そんな日ですが、ズバリ何の日でしょうかっ!?

都営地下鉄大江戸線全線開通(2000年) だ!!

と言う方、スルドイ!!
間違えてはいませんが、ちょっと惜しいカンジですね。

さては、
ケニア独立(1963年)だな!!

と言う方、これもいいところついてます。
間違ってはいませんが、ちょっとだけ違います。

ややや?
プレイステーションポータブル発売(2004年)か!!

う~ん、おしい。
それも、一応正解なのですが、私の求める答えからすると
激しくズレてますね。


正解はですねぇ~、

 ズ バ リ 、

ウ チ の 子 の 誕 生 日 で す ~ ♪

 1 歳 お め で と ~ !!

・・・ってあれ、
なんか、ちょっと冷たい視線を感じてる気がするんですけど・・・。

ま、イインデスケド。

ま~、早いモンでと言うか、えらいモンで、気がついたら
無事に1歳の誕生日を迎えることが出来ました。

これからも元気に大きくなって欲しいと願う次第でして。
これからも頑張らねばと、ねじを巻きなおそうかという
気持ちでおります。

今日は一応お祝いしようかと思っています。
貧乏ヒマナシなので、年の瀬が迫ってきて非常にバタバタ
しまくっているので、簡単なお祝いになりそうですが。


12月生まれの子ってそのうち、クリスマスと一緒とかに
なっちゃうんですかね?
またエライ時期に生まれてきたもんだな。
って、親の責任なのですが(汗)。

一応、現時点ではず~っと、誕生日、クリスマスを
分けてお祝い続けたいと思ってはいます。
(いつまで続くかは神のみぞ知るところですが(汗))

息子よ、早くキャッチボールしような。
とーちゃん、かーちゃんがんばるから、これからもよろしく。

子供って、時に原因不明なカンジでむずかりますよね。

本気でむずかりだすと、私がだっこしても全然ダメだったり
しまして。
ウチの奥さんがだっこすると、静かになる訳です。
ちょっと落ちついたところで、交代で私がだっこしようと
すると、ウチの奥さんにしがみ付いてイヤがるんですよ。

なんか、「オレ、ママから離れたくないんだよ~!!」
って、そんな感じがビリビリ伝わってくる態度なんですけど。

その姿をみてウチの奥さん、だっこのままでは家事が
出来ないと、困りつつ、それ以上に私を横目で見て
「勝ち誇ったように」笑いをかみ殺すというかですね、
ほくそ笑んでるんですけど。

ちょっとハラ立つんですけど、あ~、やっぱ、

 母 は 強 し 。

(ん?ちょっと使い方が違いますか?)

と、まぁ、母親には敵わぬのかという思いに打ちのめされる
365日なのですが。

ある日、また夜にむずかりだしましてね。
ウチの暴君(息子)が。

私が頑張ってもダメだったので、ピッチャー交代。
抑えの切り札「ママ」の登板。

と、ここまでは良かったんですけど。
この抑えの切り札が 大 誤 算 !!

もう、それこそ、9回裏にまさかのメッタ打ち、まさしく
火ダルマみたいなカンジでして(汗)。

大乱調かスランプか知らんけど、ウチの奥さんをもってしても
全然泣き止みませ~ん。

ど~すりゃイイんだ。
もういい時間だぞぉ~。
って事で、一生懸命夫婦揃って「火消し」に躍起に
なってたんですけど、全然ダメ。
アレやコレやとがんばりましたが、とうとう万策つきました。
刀折れ矢尽きるという状態です。

ぬぅ、もはやこれまで・・・。
こうなりゃヤケだ!!
月月火水木金金~!!玉砕覚悟で突撃あるのみ~!!

って事で私の繰り出した技が世界を・・・、イヤ、
我が家を救います。
それは・・・、

「そ ん な の か ん け ー ね ー !! 」(ぷちギレバージョン)

すると、なんと、奇跡が、奇跡がぁ~!!

突然ウチの子

 大  爆  笑  !!


もうね、必死で床を踏みつつ、こぶしを振り下ろし続けましたよ。
ええ、モチロン夜中にデカイ声で叫びつつ・・・。

おかげでその夜は、我が家に束の間の平和が
訪れました。

小島よしおさんすごいな。
それ以上に、夜中にこんなことしてた私もすごいな。
まぁ、結果オーライということで・・・。

で、翌日またむずかった時にこの新必殺技を繰り出しました。

「そんなのかんけーねー!!」

ええ、出し惜しみはしない性分なもので。
もってけドロボーみたいなノリで。

って、
あれ?
あれあれ?

とりあえず泣き止んだ息子なのですが、ピクリとも
笑わないんですけど。
それどころか、なんかビミョーな視線を私にむけてるカンジ。
一応親子ですから、彼が何を言いたいのか、なんとなく
私に、そして妻にも伝わってきましてね。


「バカジャネーノ」


間違いなくこの子はこう言ってるね。

と、珍しく夫婦で見解が一致しました。
うん、メデタイ。

って、メデタクナイヨ!!

一体私の奮闘はなんだったんだ!!

・・・父親って報われない事が多いなと言う事を学びつつあります。
(子供の醒めた視線が一番堪えます(涙))

実は、ベストショップコンテストなるものに参加しておりまして。

エントリー資格は最近新規オープン、または改装オープンした
お店と言う事でして。

勧められるままに、エントリーしておりましたワケなんです。
私は留守にしてたんですけど、何人もの「審査員」の方が
新根塚店カフェ38にご来店。
イロイロと見ていかれたそうです。

で、先日その結果発表がございました。

なんと、

 優 秀 賞 獲 得 。

有難うございます。
ありがとうございます。

最優秀賞(グランプリ)は逃しましたが、その次の賞です。

アンビリ~バボ~。
シンジラレナ~イ(ヒルマン監督風)。

一体、何を基準に審査されてんだろ?と、思ったのですが、
審査結果なるものも頂きまして。
結構項目がしっかりあってチェック入ってました。

審査結果の内容を見ると、このお店をオープンするにあたって
いろいろと力を貸してくださったりアドバイスを頂いた方々の
おかげでポイントを稼ぐ事が出来た点もかなり多く、
正に、そういう方達がいなければ今回の受賞はなかった
と言う事が非常に良く分かる内容でした(汗)。

富山新聞さんにも結構大きく掲載して頂いて本当に
有難い気持ちでいっぱいでございます。

これからも、この受賞をバネにしてより良いお店になるよう
努めて参りたいと思います。

皆様、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

前回の日記なんですがね。
ウチの子が早朝(もしくは深夜)に寝ている私の顔を
ぴしゃぴしゃ叩いてくる(+全力&超冷たい手)って言う
技をご紹介させていただいた訳ですけど。

なんか、日増しに バージョンアップ っていうんですか。
強烈なカンジになってきてまして。

寝てると突然ですね、

 ガ ツ ッ 、 ガ ツ ッ !!

って、激しい痛みに襲われる事が多々ありまして。

ぐぅげ~、って目を開けると、ケタケタ笑っている息子が
そこにいましてね。
んで、その手を良く見ると・・・、


 テ レ ビ の リ モ コ ン が !!


うぉ~、痛いハズだよ!!
子供とはいっても、相手は力加減をしりませんからね。
おもっきり振りかぶったら全力で振り下ろす。
これONLYの攻撃ですからね。

ん~、男らしくってイイぢゃな~い。
って、言ってる場合か!!と。

また、そういう時に限ってうまい具合に「角」とかで
クリーンヒットをもらったりしてるんではないかと。
ええ、そう思うくらい痛いんすよ。
なんしろ、こっちは寝てますしね。
ココまで強烈な奇襲(夜襲?)はカンベン願いたいです。
ほんと。

妻も当然被害にあってましてね。
たまに夜中に突如として

「イタイッ!!」

とか、

「お願い~、顔だけはキズつけないで~!!」

って、訳のわからんお願い(無論、馬の耳に念仏ですが・・・)
を、半分寝ぼけながら言ってます(笑)。

一応、凶器になるものは子供の手の届かないところに
置くように気をつけてるんですけどね。
やっぱり、疲れた日なんかには、そういう「処置」に漏れが
あることに気付かず眠ったりする事がありまして、
早朝(夜中?)の悲劇につながると。
まぁ、こういう次第でして。

またね。
これもハラ立つんですけど、せっかく買ってあげた
安全な(子供にも、そして親にも)オモチャより、
リモコンとかそういうのばっかり好きみたいなんですよね。

< ウチの子の好きなものランキング >

1位  テレビのリモコン
2位  携帯電話
3位  ビデオのリモコン
4位  コンポのリモコン



って、なんだこのランキング!!
冷静に振り返ると、全部やめてくれ~って叫びたくなる様な
物ばっか!!

 お も ち ゃ が 入 っ て 無 い よ !!
 オ モ チ ャ が ぁ ~ !!


はぁ~、なんだこれ。
しかもコレ、全部ひとまずカジッてから遊びはじめますからね。
う~ん(汗)。

先日、「クマのプーさん」の携帯電話のオモチャを
買ってあげたのにですね。
本物の携帯電話のほうにばっかり興味を示す始末。

どっかに、リアルかつ子供に安全なリモコンのおもちゃ
ないんですかね。
って事で、おもちゃ屋さんに一言。

絵とかいらないので、 リアル な携帯もしくはリモコンの
オモチャをお願いします。


・・・ん?
イヤイヤ、そんな事より、今日本当に言いたかった事はコレだった。


息 子 よ 、 父 は 暴 力 反 対 だ !!


(特に 凶 器 はナシね。 凶 器 は)

こんにちは。


最近、非常に涼しくなって参りまして。
朝、布団から這い出すのにちょっとだけ気合が必要かも?
と、感じているわけですけども。

ウチには寒さなどものともせずに、早朝から賑やかなのが
一人おりましてね。
ほんと、ちょっと、静かにしてもらえないですかね、
と、まあ思う次第ですが、相手は「泣き声」&「うなり声」&「叫び声」
だけ 有 段 者 のウチの子でして・・・。
当然、日本語のほうはさっぱりなので、いくら

「しずかにしてぇ~」

って、言っても、構ってもらえたとカン違いして逆にテンション↑
にはなっても、大人なしくなるわけも無くですね。
もう、たまらんです。

なんか、一人で遊んでるだけなら良いんですけどね。
寝てる私の顔にめがけて、思いっきりダイブしてきたり。
ぴしゃぴしゃ って、いきなり顔叩いてきたり。
また、そのね、すっごいハラ立つんですけどね、
そういう時にかぎって、叩いてくる手がですね、
とびっきり つ め た ~ い んですよ。
もうね、布団の中で丸くなっていたいところへですよ、
突然冷え冷え全開の手で顔面叩かれたら、そらやっぱりねぇ。

しかもヘタすりゃAM5時半位からおっぱじめやがって。
ちきしょう。

「アンタ、寒くないの~?ん?」
「手とか、冷た過ぎだろ?ん?」
「風邪ひいちゃうよっ」

って、自分の布団の中に引っ張り込んで暖かくして
寝かせようとしても、

「うきゃきゃきゃ~↑」

って、脱走しまくるんですよね。

まぁ、
もはやなすがまま。
放し飼い状態ですか。

そんなわけで夜とか早朝に無駄に元気なウチの子なんですけど、
先月の日記で歩いたかも?みたいな事書いたんですが、
最近では、5~6歩程、歩くんですよ。
もうね、聞いてはいたんですけど、ほんと、目が離せないです。
まだ、歩くのは危なっかしいカンジですけど、ハイハイとか
かなり、スピードアップしてるし、なにより、ソファの上とか
スルッと登ったりするんですよね。

で、先日の朝。
出勤前に、居間で子供を目の届くところで遊ばせておきつつ、
着替えを取りに行って、部屋に戻ると、なんと、ソファのレッグレストを
かる~く乗り越えて、居間から台所へ侵入してるぢゃあないですか。

おいおい、乗り越える時に転ばなくてほんと良かったなと
思ったのもつかの間。

ま~たなんだか、ゴソゴソやってんですよね。
そのうち「ゴトッ」って、なんか、ちょっと重そうな音がしまして。

え?
って思って見てみたら、勝手にキッチン背面の収納のドアを
ガラガラ開けて、なんか取り出してるみたいなんですよ。

また、今度は何をイタズラしようとしてんだ~って、
良く見ると、ウチの子が右手にガッチリ握ってるのは

なんと

  一  升  瓶 (in 日本酒七分目)。

オイッ!オイオイ~!
それは、キケンだからやめてくれ~!!
(しかも、それお祝いに頂いたちょっとイイお酒なんだよっ!!)
もう、ひっくり返しただけでも床だのキッチンだの扉だの
どこかが必ず無事ではいられないぞっ。
万一、割れたりしたらそれこそ君自身が無事ではいられないだろぉ~!!
って事で、

 ゴ ラ ァ ~ (激) !!!!

・・・と、まぁ。
ね。

ふぅ。朝っぱらからオドかすなよ。ほんと。
しっかし、よく引っ張り出せたな。
重いでしょ。だって。
しかもね、なんでイキナリ日本酒なんか握り締めてんですか。
0歳児がそんなモン引っ張り出して、一体ど~しようってんですか。

なんか、朝から酒を手放さないわが子ってちょっと凹むカンジです。
(言葉分かるようになったらイロイロとビシビシいかねばと思っています(汗))

先日のことなのですけど。

取引先の銀行さんから「ケーキ」がとどいたんですよ。
ええ、ただのケーキではなくてですね。

「お誕生日おめでとう」っていうカンジだったんですけど。

ま、なんか最近は誕生日なんてきてもですね。
周囲からは「完全スルー」っていうんですか。
ま、誰も覚えてないと。
こういう具合でしてですね。
「誕生ケーキ」持って帰ったらウチの奥さんに

「ん?なにそれ?えっと、ところでアナタの誕生日っていつだっけ?」

っていわれまして。

 今 日 だ よ !!  キ ョ ウ !!!(激)

って、まあ心の中でこっそり叫んでみたりしましてね。

あ、一応、その数日前に

「そろそろ近いから誕生日って事で
御馳走してあげます。」

って、妻が言ってくれまして。
某レストランで食事をさせて頂きました。
一応、妻の名誉の為書いておきます。
ごちそうさまでした。

ま、そんな感じでウチの奥様もぼんやり覚えている?程度の
私の誕生日なんですけど。
最近では、自分でもちょっと、ど~でもよくなってきまして。
強制的にケーキが届いた時点で、

ああ~、またヨワイを一つ重ねてしもうたか~。

と、そんな悲哀に満ちた感慨にふけるだけの
日と化しているのが現状です。


で、持って帰ってきた「ケーキ」なんですけど。
ウチの奥さん「いりませ~ん」って、言いましてね。
ふ~ん。
じゃあ、まあ、私、食べれるだけたべてみますかってなモンで。
うちの奥さんが切り分けてくれるのを食べようかと。
で、妻が包丁片手にハコからケーキを出した時、
事件が起きたんですな。コレ。


箱から出したケーキ。
よく乗っかってますよね。
プレート状のチョコレートにホワイトチョコでメッセージとか
書いてあるヤツ。
「お誕生日おめでとう」
とか、なんとか。
正直、私の中ではこのケーキの中で一番楽しみ?にしてたんですけどね。
そのチョコをですよ。

い き な り 食 べ ち ま っ た ん で す よ っ !!

私の一番の楽しみををぉぉぉ!!
なんてことすんだよぉお!!
「いらねぇ」ってどの口で言ったんだぁ~!!

ちきしょぉ~。

なんでだ~。
包丁持ってんのに、それ一切使わずいきなりチョコ食べるって
ど~いうこと~。


って、抗議しましたらね。

「あ、ゴメン。」
「戻そうか?(笑)」

って、

そ ん な の い ら な い で し ょ う よ !!

ど~やってアナタの口の中の物を戻そうってワケ~?


んで、お詫びにって
一緒にハコの中に入ってたプリン形のキャラクターの
砂糖菓子。
(ま、砂糖のかたまりなんですけど)
これを付けてくれました。


ハイ!しつもん。

妻よ。
アナタ、この砂糖の塊のお菓子たべますか?

アナタは食べないよね。
そうだよね。


や、ホント、有難う。

でもね、
分かってると思うけどさ、

そ う い う 優 し さ は 間 に 合 っ て る ん だ よ な ~ 。

先日、妻からメールがきまして。


>ウチの子保育園でお友達にかまれました。
>一応、病院に行ったそうです。
>今日は早めに帰ってきてください。


という内容でした。


え?

「 病 院 」

って、大げさな。
と言いつつ、ちょっと大丈夫か~、と思ってみたり。

ま、予想通りたいした事なかったのですけど。

最近ちょっと減りましたけど、だっこする人は誰彼かまわず
噛み付いてたウチの子ですけど。
こうやって自分がかまれる事によって、他の人を噛んではイカン!!
と言う事をおぼえてくれるかなぁ?
こういう「痛い」という思いをして成長していくのかなぁ?
と、そんな風にも思ったりする次第でして。

ただですね。
これで、お友達?にカジられたのが、3回目。
いっつもカジられっぱなし。

「カジられたら、カジり返してこんか~いっ!!」

とまでは言いませんけど。
う~ん、なんだかなぁ。


そういえば、私が中学校の時ですけど。
非常に生徒数が多い事と、治安が悪い事で有名な学校だったんですが。

「 傘 」

の盗難が頻発した時期がありまして。

もうね、
ホントにすごかったんですけど。

もう、誰彼無しに被害が続出しまして。
学年でもかな~りトンガッてた(先生に特別指導をよく受けるタイプ)子まで
「だれだ~!!、オレの傘かえせぇ~!!チキショ~!!」
って騒いでましたっけ。

で、私もまんまと被害にあいまして。
なんと1ヶ月で3本盗られました。
アハハハ。
って、

 治 安 悪 す ぎ だ ろ っ !!

もうね、犯人見つけた日にゃタダでは済まさん!!
って、みんが、みんな言ってるんですよ(苦笑)。
そう言ってる中に真犯人(それも一人や二人ではなさそう)
が絶対いたはずなんですけどね。


で、ウチに帰ったら母親が烈火のごとく怒り狂いまして。
ちょうどそこへ、登場した高校生だった私の兄上様

兄 「バカヤロウ!!、トラレたらトリカエシテこんかいっ!!(怒)」

って、オイオイ、無茶言うなよ。
こっちまで犯罪者になっちゃうだろ(笑)。

と、まあ、そ~いえば、兄上、今回の私と似たような事
言ってたなと、なんか、ふと、そう思った次第でして。


んで、先日、富山に戻ってきた兄と車で出かかけた時なんですけど。
兄の車の前にかなりキケンなカンジで割り込んできた車が
あったんですよ。
もう、本気でアブナイ感じで。
思わずですね、助手席から運転してる兄に

「アブナイよぉぉ~!!!!。クラクション鳴らさないのぉ?」

って、言ったんですよ。

いや、あんまりそんなモン、鳴らしてイイワケないんですけどね。
そら、分かってるんですけど。
もうね、ホントにね。
か~んなり、危なかったんですよ!!

で、それ聞いた兄上のコメントがまた、切ないんですよ。


兄 「オマエね、鳴らされた方の人はどう思うの?」


・・・え?

う  そ  だ  ろ  ~  !!

十数年前の「傘事件」は一体なんだったんだ~!!

もうね、私の中では、あまりに強烈過ぎてですね、
理不尽な言い草で叱り飛ばされたアノ事件、昨日の事のように
覚えているんですけど!!
その同じ人物が吐いた言葉とは思えないんですけど~!!。


兄上、いつの間に聖人君子に変身してたんでっか?
弟には教えてくれてもいいんぢゃない?
なんか私だけ悪い人みたいな・・・。

(いや~、人間って成長するんですね。あ、私例外かもです)

読書の秋ですね

こんにちは。

最近はだいぶ朝夕涼しくなってきまして。
食欲の秋。
読書の秋。
ですか。

ってことで、今回は「読書の秋」をテーマに行ってみようかと
思います。

私の読書についてですが、かなりの偏食っぷりです。
好きな作家は

・司馬遼太郎
・山岡荘八
・吉川英治

て、こんなところですか。

もう、なんかこの名前見ただけで、一目瞭然。
かなりかたよってますよね(笑)。

中でも、一番好きなのは

司馬遼太郎 氏

です。

なんていうんですか、単純に

 お も し ろ い で す 。 

歴史ものって言うと堅苦しいカンジがしますが、
この方の本は実際の歴史を元に創作の部分(登場人物の会話等)
もある歴史小説っていうんですか。
そんなカンジだと思います。
その、創作の部分っていうかがですね、非常に面白く、
思わず声だして笑いそうになる事もあります。
それでいて、歴史の勉強にもなる(100%史実どおりではない場合もあり)。
という、なんていうか一粒で2度美味しいみたいな。

ま、他のお二方の作品もそうなんですけどね。
(特に山岡氏のは、笑ってしまいます。)

司馬良太郎氏の作品の中で、私のお気に入りは

・項羽と劉邦
・坂の上の雲
・竜馬が行く

あたりですか。
特に「項羽と劉邦」は、中学1年の時に亡き父親の本棚から
引っ張り出して読んでいたのを覚えてます。
これが生まれて初めて歴史物を呼んだ作品でした。
面白くて「一気読み」した覚えがあります。


これ以来、歴史物を中心に(というかこの方面ばっか)本をよんでます。

次なる標的は塩野七生さんの

「ローマ人の物語」

の完全読破。

1年に一巻ずつ最新刊が発売されるシリーズです。
もう、なんていうか私にとっては

 超 大 作 。

私が大学生のころ発行され始めたと思うのですが、
兄の所有物だった為、兄が就職して富山に帰った時点で、本も富山へ。
そのため途中で挫折。
もう何巻まで読んだか覚えてません。

確かすでに完結してるはずですが、全部そろえると、十数冊に。
ハードカバーしか発刊されてなかったので、かなりボリューム満点。
(内容的にも、そして保管場所的にも・・・)

だったのですが、今ではソフトカバーのものが販売されているらしいので、
今一度、挑戦?してみようかと思ってます。


いつか読破したらこのブログで報告させて頂きます。

いつか・・・ですけどね。

いつだろ・・・。

ページの先頭へ戻る