長年の疑問が氷解

HOME » 大場養蜂園ブログ » 長年の疑問が氷解

大場養蜂園ブログ

長年の疑問が氷解

最近、新型インフルエンザの報道が多いですね。


今からこの調子では、本格的な冬になったら一体ど~なってしまうのかと思う
今日この頃です。

そんな中、ちょっと風邪気味かも、と思ったものですから、近所のお医者さんへ
行ってみました。

この家業を継いでからは、不思議と風邪をほとんどひかなくなったのですが、
子供が生まれてからは、たまに風邪をひく事が出てきましてね。

以前は、「気合い、根性、そして はちみつ 」で治す派だったのですが、この
新型インフルエンザが取り沙汰されている時期に、自分がお店をしている事と、
保育園に通う子供がいる事もあり、やはり、早めに確認しておかないとマズいと
思い、診て頂きました。


結果、ただの風邪ではないかとの事で、お薬を頂きました。
本当に、ひているかどうかわからない位の症状だったのですが、頂いた薬を飲むと
1日でスッキリしまして、全快!!

先生有難うございました。


で、まぁ、その時にインフルエンザではないとのお話を頂いたわけでしてね。

「明らかに普通の風邪と症状が違いますから。」

との事で、典型的な症状は


・激しい悪寒
・節々の痛み
・ひどい倦怠感
・発熱(高熱)


ってなところだそうです。

いや、ほんと、インフルエンザは、す~ごいですからねぇ。
って、ま、こんな事書いてるのは、実際に罹ったことがあるからでして(汗)。

そ~いえば、ひどかったもんな~。
なんですか、上記の症状って、普通の風邪みたいにみえると思うんですけどね。
実際には、普通の風邪とはグレードが違うワケなんですよ。
もう、なんていうか、すごい猛烈なんですよ、モウレツ。

あと、ものすごく急激に上記の症状が発生しましたね。

2回経験したうちの1回はほんとにヒドい目にあいました。
当時、私はまだ家業を継いでおらず、某総合スーパー(GMS)でサラリーマンを
していたのですが。

朝、出勤時に運転しているとエラく腰が痛みましてですね。
ま、もともと腰痛気味ではありましたので、

「今日は妙に腰の調子が悪いなぁ」

ってなモンで、運転していたのですが、店舗に着いて仕事を始めるとですね、
なんだか、妙に涼しく感じましてねぇ。

いや、まぁ、食品フロアでお仕事してましたから、周りには鮮魚部門や青果、
精肉部門の冷蔵ケースがありまして、もともと夏でも売り場は涼しく感じる
環境なわけです。
加えてこの日は真冬でしたのでね、

「なんだか、今日は冷えますねぇ~。」

なんて、ま~、呑気なモンでしてねぇW。


とかなんとか言ってるうちに、なんだか体が異常にダルくなってきましてね。
朝一番で、商品の補充をするわけですが、もう、立っていられないほどのダルさ
なものですから、商品棚の低いところの商品だけ、床に座り込んでの作業。


いや~、はたから見たら、ブッチギリでやる気ゼロですねっ!!


っていわれても、こっちは真剣に全力投球で仕事してるつもりなんですけど、
もう体が言う事きかないわけ。

しまいには腕が肩より高く上げれなくなってきまして。
いや、本当は上げれるんですけど、なんていうか、自分の腕にダンベルかなんかが
くくりつけられているかのような重さというかダルさというか。
自分の腕が重くて上げられないなんて、珍妙なお話ですが、全て本気のお話(汗)。


腕が上がらないため、商品棚の上の方の商品補充を

 「 全 速 力 で ノ ロ ノ ロ と」 

頑張っている間も、悪寒は増す一方。

トイレに行った時には鏡の中にま紫の唇に、ゆ~れいみたいに真白な顔している
自分を見つけてしまひました。
そんなにヒゲは濃いほうではなかったのですが、この時ばかりは真っ白な顔色に
青々としたヒゲそりあとのとても奇麗なコントラストが…、


いやはや、参りました。

ここまで症状がひどくなっても、まだ開店時間(AM10時)前。
つまり、出勤時の運転中に腰の痛みを感じてから、3時間経たないうちにこんなに
ヒドい事になりましてねぇ。

いや~、恐ろしい。

インフルエンザは恐ろしいですねぇ~。


って、実はこの後にこそ、本当の地獄が待ち構えていたのでした。

って事で、次回に続きます。

ページの先頭へ戻る