わがまま × 律義 = ボウズ?

HOME » 大場養蜂園ブログ » わがまま × 律義 = ボウズ?

大場養蜂園ブログ

わがまま × 律義 = ボウズ?

ちょっと前の事なんですがね。

実は、私、体調を崩しておった時期がございまして。

数日、寝込んでおったのでござります。

ひとまず、吐き気、それから、発熱、そいで下痢?と。

まぁよく3拍子揃ったもんでございまして。


吐き気はすぐにおさまったんですが、熱が下がらなくってですね。
とってもだるい。
子どもの頃は38度なんて平気で遊んでいた気がするんですが…。

特に頭痛がヒドイ。
目を開けるだけでも軽い痛みが走るカンジ。

食欲ゼロなので、スポーツドリンクを一生懸命飲んですごしていたのですが、
ほんと、熱が下がらなかったんです。

お医者さん行って、みて頂いたんですが、

「え~と、脱水症状おこしてますね。」
「これ、体に水分ないから熱も下がりませんね。」
「時間あるんだったら、すぐ点滴して体に直接水分を入れましょう。」
「あと、こんな時こそ、蜂蜜がいいんではないですかね?」

って、事でね、この時は、いくら水分を飲んでも、ほとんど体を素通りして
外に出てますね、ってな状態だったらしいです。
(あまり詳しく書きませんが、尿がほとんど出ず、大腸がほとんど機能してないっぽかったです。)

え~200%、下の坊っちゃま(1歳)から頂いた次第なんですけど。

なんか保育園で大々的に流行しておられましたそうでね。
まんまと親まで頂いたんですな、これが。


久しぶりにエラい目にあったんですけど。
まぁ、おかげさまで、点滴&蜂蜜のおかげで回復いたしました。
(あ、一応、回復後もしばらくは、蜂蜜瓶詰めとか自粛しておりましたので、ご安心を)


まぁ、そんな状態だったんで調子が悪くなった当日は、自宅に帰らず、実家に泊まる
つもりだったんです。


そしたら、8時くらいでしょうかね、電話がかかってきまして。
うちの奥さんからなんですけど、なんか、げらげら笑ってるんです。

人がくたばりかけてんのに、な~にがそんなにオカシイの?

って思って、電話にでたんですけど、

「あはははは、ねぇ、帰ってこれない?」

は?
つい2時間くらい前には、

「他にうつったら大変だから、絶対帰ってこなくていいからね!!」


とか、アナタ、人を病原菌のように言ってたハズですよねぇ。


「いや、なんか、突然お兄ちゃんが泣きだしちゃって、あははは。」

「ほんと、今まで楽しくお風呂とか入ってたのに、急に、パパは?って。」

「もう、そこから、突然、おお泣きし始めちゃって、おかしくって。」


いやいや、何がおかしいんだい?


「いま、電話代わるから。」


すると、受話器の向こうからは、

ヴええええん!!

もう、イキナリ絶叫が(笑)。

これがまた、頭痛の頭に響くこと響くこと(汗)。

「ばば、はやぐがえってぎでぇええ」
(和訳:パパ、はやく帰ってきて)
「ぼぐ、ぼぐ…、さむしーからぁぁあああ」
和訳:僕、僕、さみしいから)

いや~ウケました。
特に「さむしー」ってところがおもしろすぎ(笑)。
ウチノ奥さんも、この部分にウケまくってたみたいです。


ま~、なんにしても嬉しいもんではないですか。
子どもからこんなラブコールを頂けるとは。
父親冥利につきるってモンですな。
これが女の子だったら、一体ど~なっちゃうんでしょうかね?

ま、そんなこんなで、なんか、ちょっと

ママに勝ったな。


って、かんじでへろへろになりながら、お家へ帰ったんです。
でも、案外帰ってみたら、お兄ちゃんは平然としてたりして(笑)。
さっきの絶叫は一体ナンだったの!?

でも、まぁ、とうぜん、子どもの相手なんてしてあげられず、そのまま、布団へ
撃沈。


布団の中でくたばっておりましたところ、ウチノ奥さんが、スポーツドリンクを
持ってきてくれたのです。

ああ、有難し。

「ありがとう。」

と、それだけ言ったのですが、そのあと、すぐに、上のボウズがやってきましてね。


「ぱぱ、 まま、ぱぱのおくすりつくってくれたよ。」

ありがとうって、ゆってくだしゃい。」


いや~、えらい(笑)。

なんてデキた坊ちゃんなんでしょ。
(ま、もうすでにお礼は言ったあとなんだけど。)


その調子で、「保育園のうわっぱりキルノヤダ!!」とか、「保育園のグランド用の
おくつイヤ!!」とかいって、普通の靴を砂だらけ、ドロだらけにして帰ってくるのを
ヤメてくれたら、もっとママ喜ぶとおもうんだけどなぁ。


デキてるんだか、ワガママなんだかよくわからん男です(汗)。
(ヘンなことろだけ、妙に律義なんですよねぇ??)

ページの先頭へ戻る