その手はもう古い。

HOME » 大場養蜂園ブログ » その手はもう古い。

大場養蜂園ブログ

その手はもう古い。

先日、私が留守の間に電話があったそうなんです。

母「今留守ですって言ったら、またかけますって。北陸電力の関係らしいけど。」

ふ~ん。

へ~え。

ああ~。

そ~ですか。

え~、察しの良いお方はもうお判りですよね。


いや~、まだ頑張ってんの?
いい加減にしたらいいのにねぇ。


って思ってたら、まさしくそこからの電話が。


保「あ~、もしもし、こちら電力の保安協会ですが。」
  「ご使用の200V電力の容量が適切か立会の確認をさせて頂きたいのですが。」
  「明日、明後日あたりのご都合はいかがでしょう?」

私「あ~、その前に、そちら様は北陸電力さんから直接委託されていらっしゃるのですか?」

保「いえ、北電さんだけではなく、電力会社10社共同の事業でございます。」

私「 ?…。」
 
 
普通今まで電話にしろ電気にしろ、こう聞いたら

「いや、NTTさんに直接というわけではないのですが…。」

とか、

「北電さん直接ではないですが、北電さんよりお安くですね…。」

みたいな返事が返ってくるはずだったんですが、


 電力会社10社共同の事業


とか、へーきで言われちゃいまして。

絶対おかしいよね?と。


私「 …。」

保「えっと、ご都合はいかがでしょうか?」

私「…、その前に、失礼ですが、もう一度御社のお名前をお聞かせ下さい。」

保「え、あ、あぁ、保安協会です、保安協会。」

私「は?株式会社○○とかではなく、社名がただの 保安協会 さんだけですか?」

保「ハイ、ソウデス。」

私「北陸電気保安協会さん(実際に北電さんの委託事業をしています)ではなく?(笑)」

保「ハイ、ソウデスヨ。保安協会デス。」


いや~、この辺で笑いそうになったのですが、もうひと押し(笑)。


私「では、その保安協会さんの担当者であるアナタのお名前は?」

保「エ!ワタシデスカ!?」
 「エ、アノ、マルヤマデス。 マルヤマ=タカシ デス。」

も う 、 爆 笑 寸 前 (笑) !!

私「そうですか、マルヤマさん。」
 「それでは、私のほうで直接北陸電力さんに御社の事を確認させて下さい。」
 「非通知で電話をかける会社にお仕事を委託しているのかも含めて。」
 「この続きは、確認がとれた後という事で。」

保「ああ~、そ~ですかぁ、ハイっ、わっかりました~。」

ガチャ。

って、まったくねぇ。


一昔前によくあったパターンらしいですが、ほぼ間違いなく、工業用の200Vを
使用している会社などに、とある器具を取り付けると、電気代がお安くなります、
ってお話かと。

結局、器具を取り付けても電気代が安くならない場合も多く、北電さんなどの
電力会社とは当然ながら無関係。
おまけに取りつける器具って~のが数十万円~って代物。

こんなことやってた会社が倒産したってニュースを10年近く前にみた記憶が。

未だに同じ手を使ってるんですかねぇ。

ただし、微妙なのは実際に器具を取り付けて電気代が安くなるケース
(どのくらいかは知りませんが…)もあるらしいので、
違法性については何とも言えないらしいという話も聞いてはいまして。

う~ん、なんとも「ねずみ色」なお話ですよねぇw。


結構、この手の電話がかかってきます。
電気だけでなく、電話もしかり。
しかも、堂々と飛び込みで直接店舗に入ってきて電気のメーター見せて下さい、
なんて人間までたま~に来ます。


う~ん。


で、120%オカシイと思いつつも、今回は堂々と、

電力会社10社共同の事業

などと言って電話掛けてきたので、一応、北陸電力さんに確認を。


すると…、

私「これこれ、こ~なんですけど、北電さんとは無関係ですよね。」

電「はぁ~(タメ息)、そうですか…。」
 「当社では、そのような事は一切行っておりません。」
 「メーターの点検は4年に一度委託業者が身分証を携行して訪問させて頂いてますが。」
 「お電話を差し上げるようなことは一切しておりません。」

私「北電さん、および委託業者さんが”非通知”で電話をなさることは?」

電「当然、ありえません。」


って、事で北電さんとしては、

またかよ…。

ってカンジでした。
どうも、私以外にも同じような問いあわせやら、苦情やらがきているようでした。

ま、予想通りですが。

困ったもんです。

という事で、ウチのスタッフさん達には、電気、電話に関する事で「非通知」で
かかってきた電話は絶対私に取り次がないように伝えてあります。


ですから、NTTさん関係、北陸電力さん関係以外の電話、電気関係の方、
そちら様のお仕事の話での基本的に当園への電話をご遠慮下さい。


お互い時間の無駄ですから(笑)。


よろしくお願い致します。

(あ、直接来るのもヤメてください(笑))

ページの先頭へ戻る