おつかれさまでした

HOME » 大場養蜂園ブログ » おつかれさまでした

大場養蜂園ブログ

おつかれさまでした

子供の頃の事。

私は「スイミングスクール」に通っておりました。

富山市民プールっていう、まぁ、とっても素敵なところだったんですが。
現在の移転した後の富山市民プールとは趣が異なりまして、なんていうか、本当は
「素敵」というよりは「味がある」といった方が適切だったのかも知れない感じ
だったのですが…。

ま、そんな市民プールに幼稚園の頃から、小学生の高学年まで通っていたのです。
当時の市民プールは、今でいう「東中野公園」にあったのでして。

ここから、うちの祖母(母方の)の家まで、はさほど遠くはなく、よくプールの
帰りに母と寄ったり、一人で通えるようになった頃にも、よく行ってました。

自宅では、親の方針でほぼ飲ませてもらえないジュース(ズバリ、キリンレモンね)が
いつもありまして。
その上、プールで疲れて帰ってきた私に、よく中華そばの出前なんかとってくれたり
しましてねぇ。

なんか、子供の私にとっては、祖母の家に行くのがすごく楽しみだったのです。

正直、水泳教室なんて冬は寒いし(当然、当時は「温水」なんてものはなかった!!)
疲れるし、いい加減あきてイヤになるんですけど、終わった後に祖母の家に行けるのが
楽しみだったりしたもので、なんとか卒業できたのが本当のところだったわけです。

運動した後に祖母の家で食べたラーメンは、本当に美味しかったなぁと、当時を
振り返ってみる今日この頃なのですが。


そこで、ふと思い出した祖母との、とある思い出を書いてみようかと思います。


祖母の家は富山の中心街、所謂「西町」からも少し頑張れば歩けるところにありまして。

まだ幼い頃の私は、なぜかその日は祖母と2人で西町へお買いものか何かに出かけました。

その帰り道、祖母が


「お腹すいたかな?」


と聞いてきたので、


「うん」


って、答えると、優しい祖母は、


「じゃあ、ちょっと寄り道していこうか?」


と、近所のラーメン屋さんへ私を連れて行ってくれたのです。


お店に入るとお客さんもいっぱいで、ただようラーメンの香りに、私のテンションも
無駄に上昇していました。

そこへ、店員さん(女性。おそらく35~40歳くらいだったと…)がやって参りました。
…ここから、劇場が幕を開ける事になってしまひます(汗)。

店員「ご注文は?」


祖母「中華2つちょうだい。」


店「はい、ラーメン2つですね。」


祖「ええ、そうそう…。」
祖「って、あ、いや、中華お願いします、2つ」


店「はイ、ラーメン2つですね。」


祖「いや、だから、中華ですって。」


店「ですから、ラーメンでしょっ。」(ムッとした面持ちで)


祖「中華だってば!!」


店「ラーメンでしょ!!」


祖「中華!!」


店「ラーメン!!」


う ぁ ~ ~、 


だ  れ  か  た  す  け  て  く  だ  さ  い  ~。

いつの間にか、ラーメン屋さんでテンションが上がり気味の私よりも、はるかに
高いレベルでの高テンション状態で、祖母と店員サンとの局地的な紛争が勃発して
います。

この意味不明な、千日手というか、ループ状況というか、壊れたテープレコーダー的な
戦いは、いつになったら終結をむかえるのか~。

周りのお客さんは、完っぺきに見て見ぬふり状態。
耳だけが大きくなっているのが、子供の私にもはっきりとわかりました。

大人って、ズルいよな…。

ってそんな事を思ってたような気が致します。


いい加減、子供心にも恥ずかしくてどうにもならず、

「おばあちゃん、中華とラーメンはいっしょだから…。」

って、エキサイトしている祖母に言いましたけどね…。

祖「アッハッハ、アアソウカ、ソウカ(苦笑)。」

ですって。
なんだかねぇ~(笑)。


そいでもって、店員さんは「それ見たことか!!」みたいな表情で、肩で風を切って
厨房の方へ消えていきました。


あとから考えてみたのですが、ほんと、一体ど~いう店員なんだよと(笑)。
祖母の勘違いもさることながら、こういう勘違いって誰でもあることではない
ですか。
それに対して、店員が突っ張り返すって、これ、どんな世界なんだろうと(笑)。

まぁ、今となっては、笑い話でしかない祖母と私との良い思い出なのですが。

今月に入ってなのですが、その優しく、面白く、ちょっと厳しかった祖母が亡く
なりました。
93歳でござりました。
天寿を全うしての大往生です。


だれが教えたのか、うちのボウズは、

「ひーばあちゃん、おほしさまになったよ~」

っていってました。
告別式を終えた夜には、暗くなった窓の外を指さして、

「ひーばあちゃんのおほしさまみえるよ~」

と、窓の外を見ながら言っていました。

お見舞いに行った時には、ウチのボウズが来ると一番喜んでいた祖母。
ひ孫になる、うちの子にだけはなにかのメッセージを送ってくれていたのかも
しれません。


という事で、ここで、一言お礼を。

おばあちゃん、お世話になりました。
本当にありがとう。
ゆっくり、お休みして下さい。

ページの先頭へ戻る