留守にしてました②

HOME » 大場養蜂園ブログ » 留守にしてました②

大場養蜂園ブログ

留守にしてました②


こんにちは。

今回は、前回の続きをお送りさせて頂こうと思います。


~ 前回のあらすじ ~

ノドの違和感を放置し続けたため、ポリープができてしまったワタクシ。
丸一年育てた(?)ポリープですが、普通に話すだけでも疲れる状況に業を煮やして、
ハチミツ採取シーズンが終わったところで、すぐに手術の運びとなりました。

が、順番待ちを経て決定した手術の時は、


 お 盆 ど 真 ん 中  


でしたとさ・・・。


という事でですね。
生まれて初めての手術&入院ということだったわけなんですけども。


かなり簡単な手術でございます、的なお話をきいていたのですが、なかなかどうして、
結構面倒な事があるわけですよ。


ナゼか?

ま、イロイロな同意書とか書類の提出もありましたが、それよりも、手術の場所が
場所なだけに、


魅  惑  の  全  身  麻  酔


が必要なんですな。これが。

当然、全身麻酔なんてものも生まれて初めてなんですけど、事前に検査みたいのが
あるんですよね。
全身麻酔って、経験者の人に聞くと、

「ほんと、気が付かないうちに手術とか終わってる。」

って、はなしで、すっごいぐっすり眠れて気持ちよさそうだなぁ、って考えて
いたんですけどね。

麻酔科の先生がですね、

「あの、世の中完全って事はないので、ごくごく稀に麻酔が合わない体質の方は・・・


 そのまま命を落とされます。」


・・・って、


いや、ちょっとだけ死ぬには早くないかな!?


マズイです。
せめて、ウチの坊ちゃんが成人するまでは、死ねないような。
もうちと、頑張らねばと。
ま、そう思ってる次第でして。


えと、一応、そういう最悪の事態を回避するために事前に検査が必要と、こういう事
なのです。


ま、そんなこんなで、検査の1週間後にいよいよ入院です。
手術はその翌日。
つまり、前日から前泊入院です。


まずは、ナースステーションに行きます。
担当の看護士さんから説明をうけ、身長、体重を計測します。
ここで、身長に関する衝撃的な現象が私を襲います!!


が、
まぁ、
今回は、ねぇ。
別に、触れないでおこうかと思ひます。


その後、病室へ。

このあたりから、入院に対して持っていた意味不明のワクワク感がじりじりと
消失しはじめます。

だって、


な~にもする事がナイ!!

持参した本を読むか、うたた寝しかする事がないのですよ。
いや、これ、うらやましいなぁ~、って話だとおもうんですけどね。
こんなん、半日以上はムリです。


ま、なんか、とりあえずベッドがあるので、横になります。
本を持ってきたのでそのまま読書します。
すると、どうでしょう!
・・・気が付くとそのままうたた寝してるわけです。
で、目が覚めるとヘンな寝かたしてるから肩から背中、腰がびりッびりに痛い!

と、まぁ、コレの繰り返しです。
うたた寝と言っても、真昼間の明るいうちですからね。
そんな深い眠りになんてついてませんから。
ムダにだるさばかりが蓄積していきます。

ま、そうこうしているウチに看護士さんからまた今後の説明をいただきまして。
中でも一番重要事項は・・・、


夜9時以降食べ物厳禁
夜12時以降飲み物厳禁


と、まぁ、前日の夜から手術が終わるまでの 「 絶 飲 食 」 ガマン大会が
はじまるという事です。


これ、非常に大切なことなのですが、後でこの事がさらなる悲劇に化けようとは
この時は神ならぬ私にわかるわけもなかったりしたのです・・・(汗)。


さらに次回に続かせていただきます ⇒

ページの先頭へ戻る