恐怖のゴールデンウイークPART2

HOME » 大場養蜂園ブログ » 恐怖のゴールデンウイークPART2

大場養蜂園ブログ

恐怖のゴールデンウイークPART2

こんにちは。

 
ちょっと日が空いてしまいましたが、本日は前回の続きを
つらつらと書かせて頂きたいとぞんじます。
 
それでは、どうぞ!
 
 
~ 前回のあらすじ ~
 
書き入れ時のゴールデンウイーク後半の前日の夜、
突如、給湯器の故障でお湯がでなくなってしまった当店。
果たして、どうなってしまうのかっ!?
 
 
という事で、給湯器の修理に来て下さるはずの
ゴールデンウイーク後半の初日。
 
営業時間開始の10時を過ぎても何の連絡もござりません。
 
 
早朝からじりじりしつつ待っておりましたが、取り合えずお電話を。
 
混み合ってて、順番なのはわかりますが、少なくとも、
大体何時くらいに来ていただけるのかだけでも確認をと。
 
なんとか修理担当の方から連絡を頂けまして、
 
「お昼12時過ぎ位には、なんとか...、お店営業されてるのにご迷惑おかけして申し訳ありません。」
 
との事。
 
仕方がありません。
 
お店が混み合うのは、大抵午後1~2時くらいからです。
 
なので、それまでに修理して頂ければ、どうにかなりそう。
 
と、安心しかけましたが、な~んかイヤな予感がいたします。
 
ここは、もう一本、業務用食洗器メーカー様のお客様相談窓口へお電話を。
 
 
私「あの、給湯器故障でお湯が出ない状況なんですが、食洗器使っちゃマズいですよね?」
 
メーカー担当者さん「いや、使って頂いても故障とかはしません。」
 
             「ただ、通常使っていたお湯ではなく、完全な水からお湯を沸かすので、
              時間がいつもより相当かかります。」
 
             「それと、通常より洗浄温度がどうしても低くなりますので、汚れ落ちが悪くなります。」
 
             「あと、連続使用すると、お湯の温度が低くなるので、さらに時間がかかります。」
 
 
って、要するに、使えないこともないけど、いつもみたいにカフェのピークタイムに食洗器を
フル稼働させる事はできない、という事で。
 
食洗器がフル稼働にならないよう、手洗いと食洗器をうまく使わねばならないという事です。
 
いや、食洗器全く使えないよりマシですが、手洗いとかしていて間に合うのか...(汗)。
 
う~む、こうなったら、やはり是が非でも完全に修理して頂かねば...。
 
 
そして迎えた修理業者さんのご登場。
 
修理にかかられまして、水がドバシャ~と噴出したりしながら、
しばらくいろいろ見ておられました。
 
 
そして結論。
 
 
修理 「 今 日 は 直 せ ま せ ん ... 。」
 
 
そんなああぁぁぁぁぁ~(涙)。
 
 
 
だって、まだ新築で2年経ってないんですよ!?
 
給湯器なんて、「使い方が悪い」とかそんな事、ほぼありえないでしょう~。
 
 
修理 「すみません、部品を取り寄せないと無理です...、申し訳ありません...。」
 
    「とにかく、部品については、すぐに緊急出荷の手配をしておきます!」
 
    「が...、ゴールデンウイークなので、いつ入荷するか...、」
 
 
うぉ...、おわったか...。
 
 
というわけで、ゴールデンウイーク後半は、洗い物担当スタッフさんに
倒れる寸前まで頑張っていただく事になりましたとさ...(汗)。
 
とにかく、ヒドイ状況でしたが、少しは食洗器が使えたおかげと、
担当スタッフさんは勿論、その他のスタッフさん達とみんなの力で
なんとかピークタイムも乗り越え営業をさせて頂きました。
 
100%手洗いだったら、絶対にお店が回らなかったと思います。
 
文明の利器万歳。
 
 
そんな状況が二日間続く中、なんとか、後半戦の二日目の閉店20分前を迎えた時でした。
 
 
ぽつりと一本の電話が。
 
 
これが新たな 「 悲 劇 」 の幕開けになろうとは...。
 
 
 
長くなりましたので、次回に続きます。
 
果たして新たな悲劇とは!?
 
こうご期待!!
(って、悲劇に期待も何もないですよね...。)
 
 
 
ページの先頭へ戻る