ありえるお話...。

HOME » 大場養蜂園ブログ » ありえるお話...。

大場養蜂園ブログ

ありえるお話...。

皆様、こんにちは。


当園支店の 新根塚店カフェ38 では、文字通り蜂蜜等の販売だけでなく、
カフェスペースも併設させて頂いておりまして。

スタッフさんがお休みで人が足りない時は、私も本店から駆け付ける上に、
ともピー(長男、小2)もお手伝い(グラス、お皿を下げる業務)を
してもらっておるわけです。


さて、そこで。

 

 

 

 

 

とある日の事でした。

土曜日だというのに、頼みの綱のカフェ38店長(←ウチの奥さん)も
所用で不在。

通常週末は4~5人で営業しているはずが、なぜか、スタッフのSさんと、私、
そして、ともピーの 3 人 での営業に。

し、か、も、

私はたまにしかカフェには入っておらぬので、基本は皿洗い担当。
厨房の中の事など、「ひよっこ」どころの騒ぎではない状態でして...。

で、慣れないながらも、厨房の中でドリンクを一生懸命作っておりました。

が、いつも手を出したことが無い事だけに、さっぱりわからんことだらけ...。



え~、グラスにうめ蜂蜜を〇g入れて...、

う~、次のオーダーは、なになに?フォームドミルクを最後に乗せて...、


て、いちいちモタモタやってるのですが、横からなんと、ともピーが、
教えてくれるのです!


とも「ぱぱ、ふぉーむどみるく、のせすぎだよ!」


すみません~(汗)!!

って、あれ?キミ、テーブル片付け専門じゃなかったっけ?
いつの間にドリンクとか作るの覚えたの??


って、ともピーに作り方聞きながら、叱られながら、ドリンク作って
いたのですが、オーダーが全然さばけず、たまる一方。

ともピーに聞いても作り方があやふやな物もありそうなので、
隣で必死の形相でパンケーキを焼き続けている、スタッフの
Sさんに聞きながら作業に勤しんでました。

「Sさん!これって、これで合ってます?」

「Sさん!ごめん、これってどのくらい温めるの?」

なんて、聞きながらドリンク担当の責務を果たしておりました。

Sさんも、額に汗してパンケーキを焼きつつ、私の質問に答えるだけでなく、
フォローにまで入ってくれるではありませんか!!

スゴイ!!

うちのスタッフさんは、なんて優秀なんだ~(ToT)!!
もう、感激で涙がこう...。

もうね、Sさんが女神にしかみえませんでしたよ、ほんと。



って感動してる間もなくてですね。
とにかく余計な事考えてる間もなく、頑張っておりました。


私「Sさん!ごめん、これって、〇gでいいんだっけ?そのあと温めですよね?」

Sさん「 ... 。 」

私「Sさん!これでいいんですよね?」

Sさん「 ... 。 」

私「Sさん...、Sさん。聞こえてる?」






Sさん 「 じ ゃ ぁ か し ぃ ~ ~ ! ! 」

    「 こ っ ち も 忙 し い ん で す よ っ ! ! 」

    「少 し は 自 分 で ど う に か し ろ ぉ 、

     こ の 、 ジ ジ イ ぃ ぃ ぃ ぃ ~ !!」







って、この瞬間目が覚めました(汗)。

はい。
こんな風に 叱 ら れ る 夢 を み て た ん で す 。




そうだよね。

うちのスタッフさんはみんな優しい人ばかりだし、Sさんが、

「じ ゃ ぁ か し ぃ ~」 とか、 「ジ ジ イ ぃ ぃ ぃ」

なんて言葉使うはずがナイものな(汗)...。

いや、もう、ほんと、別の人かと思いましたもの。

あ~、アセった...。



って、事でですね。

正夢になったらおっかないので、なるべくお店の厨房には近寄らんように
しようかと思っておる次第にござります...。


ページの先頭へ戻る