2007年12月

HOME » 大場養蜂園ブログ » 2007年12月

大場養蜂園ブログ

いよいよ大晦日ですね。


今年はいろいろな事があった一年でした。


本格的な子育て参加(2月に妻と子供が実家から帰ってきました)。

引越し。

新根塚店のオープン。

大和さんの移転リニューアルオープン。

ほかにもいろいろな事があった一年でした。

一年通してドタバタした年でしたが、
おかげ様で無事に大晦日を迎えることが出来ました。
皆様本当に有難うございます。

皆様のこの一年はいかがでしたでしょうか。
新しい年が皆様にとって良い一年となりますよう。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

クリスマスですね

きょうはクリスマス、ジングルベルな日でござりますね。
世は昨日のイブからなんだかお祭りムードが漂って
いるようで。
みなさま、楽しげで。

ふふっ・・・。

言ってるワタシは し ご と ですがね・・・。
昨日も今日も し ご と ですがね・・・。
働かざるもの食うべからず。
我が家のギリギリの経済情勢のため、死に物狂いの365日ですから・・・。
(と、いいつつ定休日をいただいてますけど・・・(笑))

ま、そんなこんなで、昨夜仕事の帰りに車を運転しておりまして
ですね。
信号で停まった時に何気なく隣の車に目をやったんですがね。
隣に若~いお母さんと、子供さんが乗ってるのが見えたわけ
でしてね。


 ん ! ?


親子で仲良くしている姿が目に入ったんですが、
良く見るとなんかトンデモなかんじではないですか!!

ちょっと、なかなか見ないと思うんですけどね。
見たところ1歳半~2歳になってないかな~くらいの子供と
そのお母さん。
ココまでは普通ですよね。
そのオカアサンがですよ。
子供に頬擦りしているのですよ。

いや、いや、別にそれもイイヂャない。
親心ってのはそ~いうモンでしょ。
っていう方、気持ちは分かります。
ただね、問題なのはそのオカアサンが

 運 転 者 

な訳ですよ。


つまり、分かり易くいいますとね。
運転しているオカアサンの体と、そのオカアサンが握っている
ハンドルの

 そ  の  間  に  子  供  が  い  る  !!

ってことなんですよ。


うぉゎ~!!
シンジラレナ~イ(ヒルマン監督風)!!!

当然、チャイルドシートの「チ」の字も「チャ」の字も
あ~もう、「パ」も「ピ」も「プ」もとにかく
全く、
全然、
さっぱり、
くっきり、
きっちり、
どっきり、
ずっしり、
がっちり、

 な い ん で す よ ~~~~ !!!


すご~。

オイオイ~!
向かい合って親子でケタケタ笑ってる場合ぢゃあないよっ!!
前見なさい!前!
(って、ワタシもですか?(笑))

オマワリサンに止められるとか考えないんかな~?
年末特別警戒中だったりすると思うけど・・・。

イヤ、そんな事いってる場合か!
万が一の事があったらその子の命の保証はないんだぞ~!!

だって、ほら、助手席に続いて運転席って危険な場所ですよね。
事故時に致死率が高いって言うか。
さらに自分のひざの上に子供置いて運転するって、え~!!
正面衝突とか(自分が気をつけてても対向車が突っ込んで
来ない保証は無い!!)起こしたら、おそらく親より、
子供の方がキケンな気が~!!

いや、それ以前にハンドル操作を誤って、

 全  力  自  爆  へ  一  直  線  !!

ってカノウ性 大 盛 。

って熱くなってたら、ちょこっとその横にまた何かを発見。
そこには。

もう一人子供がいました~。

こちらは幼稚園の年長さんくらいかな?

バンザーイ。
お兄ちゃんがいてくれるから安心安全だね。

って、 そ ん な の カ ン ケ ー ね ー  !!

ですよね。


オカアサンのすぐ横。
つまり、助手席と運転席の間の狭いスペースに突っ立てました。
うん。
こちらも、激しくキケンなトコがお好きなようだね。


あははは。


あぁ~。

オワッタ~。


あの、
あのね。
オカアサンね。
ワタシも人の事言えないかもですけどね。
子供がカワイイのはわかるけど。
もうちょっと子供の安全といか、むしろ

 危  険  性

について考えてあげたほうが、ど~かな~って。
うん。
ちょっと、そう思います。


イブの夜にちょっとスゴイ物みてしまいました。
その後、信号が青になると、シュルッと左折してワタシの
視界から消えて行きました。
いや~、子供抱えて良くハンドル切れるな。
うん、ウマイもんだ。
天才だね。
って、いや、そうでなくてだな(汗)。

今回のワタシの魂の叫びはコチラ。

    ↓


オマワリサ~ン。
あの2人の子供のために、頑張ってオカアサンを
とっつかまえて、キップと同時に小一時間くらい
説教してあげてくださ~い。

(ん?停車中とはいえ、見間違いかと思ってガン見してもうた私は脇見運転?)

キョウは12月12日ですね。

いちニイ、いちニイと、非常に語呂が良いというか
覚え易いというか。
そんな日ですが、ズバリ何の日でしょうかっ!?

都営地下鉄大江戸線全線開通(2000年) だ!!

と言う方、スルドイ!!
間違えてはいませんが、ちょっと惜しいカンジですね。

さては、
ケニア独立(1963年)だな!!

と言う方、これもいいところついてます。
間違ってはいませんが、ちょっとだけ違います。

ややや?
プレイステーションポータブル発売(2004年)か!!

う~ん、おしい。
それも、一応正解なのですが、私の求める答えからすると
激しくズレてますね。


正解はですねぇ~、

 ズ バ リ 、

ウ チ の 子 の 誕 生 日 で す ~ ♪

 1 歳 お め で と ~ !!

・・・ってあれ、
なんか、ちょっと冷たい視線を感じてる気がするんですけど・・・。

ま、イインデスケド。

ま~、早いモンでと言うか、えらいモンで、気がついたら
無事に1歳の誕生日を迎えることが出来ました。

これからも元気に大きくなって欲しいと願う次第でして。
これからも頑張らねばと、ねじを巻きなおそうかという
気持ちでおります。

今日は一応お祝いしようかと思っています。
貧乏ヒマナシなので、年の瀬が迫ってきて非常にバタバタ
しまくっているので、簡単なお祝いになりそうですが。


12月生まれの子ってそのうち、クリスマスと一緒とかに
なっちゃうんですかね?
またエライ時期に生まれてきたもんだな。
って、親の責任なのですが(汗)。

一応、現時点ではず~っと、誕生日、クリスマスを
分けてお祝い続けたいと思ってはいます。
(いつまで続くかは神のみぞ知るところですが(汗))

息子よ、早くキャッチボールしような。
とーちゃん、かーちゃんがんばるから、これからもよろしく。

子供って、時に原因不明なカンジでむずかりますよね。

本気でむずかりだすと、私がだっこしても全然ダメだったり
しまして。
ウチの奥さんがだっこすると、静かになる訳です。
ちょっと落ちついたところで、交代で私がだっこしようと
すると、ウチの奥さんにしがみ付いてイヤがるんですよ。

なんか、「オレ、ママから離れたくないんだよ~!!」
って、そんな感じがビリビリ伝わってくる態度なんですけど。

その姿をみてウチの奥さん、だっこのままでは家事が
出来ないと、困りつつ、それ以上に私を横目で見て
「勝ち誇ったように」笑いをかみ殺すというかですね、
ほくそ笑んでるんですけど。

ちょっとハラ立つんですけど、あ~、やっぱ、

 母 は 強 し 。

(ん?ちょっと使い方が違いますか?)

と、まぁ、母親には敵わぬのかという思いに打ちのめされる
365日なのですが。

ある日、また夜にむずかりだしましてね。
ウチの暴君(息子)が。

私が頑張ってもダメだったので、ピッチャー交代。
抑えの切り札「ママ」の登板。

と、ここまでは良かったんですけど。
この抑えの切り札が 大 誤 算 !!

もう、それこそ、9回裏にまさかのメッタ打ち、まさしく
火ダルマみたいなカンジでして(汗)。

大乱調かスランプか知らんけど、ウチの奥さんをもってしても
全然泣き止みませ~ん。

ど~すりゃイイんだ。
もういい時間だぞぉ~。
って事で、一生懸命夫婦揃って「火消し」に躍起に
なってたんですけど、全然ダメ。
アレやコレやとがんばりましたが、とうとう万策つきました。
刀折れ矢尽きるという状態です。

ぬぅ、もはやこれまで・・・。
こうなりゃヤケだ!!
月月火水木金金~!!玉砕覚悟で突撃あるのみ~!!

って事で私の繰り出した技が世界を・・・、イヤ、
我が家を救います。
それは・・・、

「そ ん な の か ん け ー ね ー !! 」(ぷちギレバージョン)

すると、なんと、奇跡が、奇跡がぁ~!!

突然ウチの子

 大  爆  笑  !!


もうね、必死で床を踏みつつ、こぶしを振り下ろし続けましたよ。
ええ、モチロン夜中にデカイ声で叫びつつ・・・。

おかげでその夜は、我が家に束の間の平和が
訪れました。

小島よしおさんすごいな。
それ以上に、夜中にこんなことしてた私もすごいな。
まぁ、結果オーライということで・・・。

で、翌日またむずかった時にこの新必殺技を繰り出しました。

「そんなのかんけーねー!!」

ええ、出し惜しみはしない性分なもので。
もってけドロボーみたいなノリで。

って、
あれ?
あれあれ?

とりあえず泣き止んだ息子なのですが、ピクリとも
笑わないんですけど。
それどころか、なんかビミョーな視線を私にむけてるカンジ。
一応親子ですから、彼が何を言いたいのか、なんとなく
私に、そして妻にも伝わってきましてね。


「バカジャネーノ」


間違いなくこの子はこう言ってるね。

と、珍しく夫婦で見解が一致しました。
うん、メデタイ。

って、メデタクナイヨ!!

一体私の奮闘はなんだったんだ!!

・・・父親って報われない事が多いなと言う事を学びつつあります。
(子供の醒めた視線が一番堪えます(涙))

ページの先頭へ戻る