読書の秋ですね

HOME » 大場養蜂園ブログ » 読書の秋ですね

大場養蜂園ブログ

読書の秋ですね

こんにちは。

最近はだいぶ朝夕涼しくなってきまして。
食欲の秋。
読書の秋。
ですか。

ってことで、今回は「読書の秋」をテーマに行ってみようかと
思います。

私の読書についてですが、かなりの偏食っぷりです。
好きな作家は

・司馬遼太郎
・山岡荘八
・吉川英治

て、こんなところですか。

もう、なんかこの名前見ただけで、一目瞭然。
かなりかたよってますよね(笑)。

中でも、一番好きなのは

司馬遼太郎 氏

です。

なんていうんですか、単純に

 お も し ろ い で す 。 

歴史ものって言うと堅苦しいカンジがしますが、
この方の本は実際の歴史を元に創作の部分(登場人物の会話等)
もある歴史小説っていうんですか。
そんなカンジだと思います。
その、創作の部分っていうかがですね、非常に面白く、
思わず声だして笑いそうになる事もあります。
それでいて、歴史の勉強にもなる(100%史実どおりではない場合もあり)。
という、なんていうか一粒で2度美味しいみたいな。

ま、他のお二方の作品もそうなんですけどね。
(特に山岡氏のは、笑ってしまいます。)

司馬良太郎氏の作品の中で、私のお気に入りは

・項羽と劉邦
・坂の上の雲
・竜馬が行く

あたりですか。
特に「項羽と劉邦」は、中学1年の時に亡き父親の本棚から
引っ張り出して読んでいたのを覚えてます。
これが生まれて初めて歴史物を呼んだ作品でした。
面白くて「一気読み」した覚えがあります。


これ以来、歴史物を中心に(というかこの方面ばっか)本をよんでます。

次なる標的は塩野七生さんの

「ローマ人の物語」

の完全読破。

1年に一巻ずつ最新刊が発売されるシリーズです。
もう、なんていうか私にとっては

 超 大 作 。

私が大学生のころ発行され始めたと思うのですが、
兄の所有物だった為、兄が就職して富山に帰った時点で、本も富山へ。
そのため途中で挫折。
もう何巻まで読んだか覚えてません。

確かすでに完結してるはずですが、全部そろえると、十数冊に。
ハードカバーしか発刊されてなかったので、かなりボリューム満点。
(内容的にも、そして保管場所的にも・・・)

だったのですが、今ではソフトカバーのものが販売されているらしいので、
今一度、挑戦?してみようかと思ってます。


いつか読破したらこのブログで報告させて頂きます。

いつか・・・ですけどね。

いつだろ・・・。

ページの先頭へ戻る