とっても残念です

HOME » 大場養蜂園ブログ » とっても残念です

大場養蜂園ブログ

とっても残念です

スポーツ界ですけど。
ここのところ、いろんなニュースが飛び交ってますね。

朝青龍茂問題に続き、力士死亡事件。
一番最近賑やかなのは こちら↓ ですか。

先日、「そこまで言って委員会」という番組でも取り上げていた
この問題。
この番組、やしきたかじんさん、辛坊治郎さんが司会で、かなりの

 (猛) 毒 を 吐 き 散 ら す !!

っていう番組なんですが。

冒頭でいきなり言ってました。

辛「いや~、生きててよかった」
や「うれしかった~」
や「朝まで呑んだ!」
辛「私も久々に寝つきがよかった」

何のことだろうと思って聞いていると~・・・、

や「 ア ノ 、 亀 田 の ボ ケ が 負 け た か ら 」
(本当に番組内でこう発言してました(汗)。)


って、そんだけの事で朝まで呑めるのか(笑)!!

というのが私の感想ですが、最初はなんの話なのかと思って
聞き入っていたので、思わずちょっとだけ笑ってしまいました。

結構ヒドイ事言った後にたかじん氏曰く、
「駆け引きで試合前にビッグマウスはかまわんが、
 (年齢が)一回り上のチャンピオンつかまえて、
 ”ゴキブリ”
だけは許せん!!」
との事。

なるほど。
人それぞれいろんな見方があるので、この話はこの辺にしておきまして。

そんないろんなニュースが流れる最近のスポーツ界ですが、
一番びっくりしたのは

「阿部典史、交通事故死」

です。

私とほぼ同世代の阿部典史選手。
知らない方もいるかと思いますが、すごい人です。

バイクレーサーです。
ロードレース世界選手権(WGP)最高峰クラスの500ccクラス
(車で言ったら F1 ですかね)
で活躍し、なんと優勝もしています。
特に、1996年の世界GP第3戦日本GP(鈴鹿)では
TV中継されていたそのレースを実際に見ていました。
(確かこの時は鈴鹿でのレースなので珍しく生中継してました)

当時は ミック・ドゥーハン というライダーが全盛期に
入りかかった頃だったかと覚えています。
この頃は深夜にしか放送されていなかったのですが、毎週
真夜中にWGPのレースを見ていました。
その中で、M・ドゥーハンは圧倒的に強かった。
各ラウンドごとにほぼ毎回優勝をさらっていく。
全盛期には世界転戦15戦中12勝!!

そんな圧倒的な強さを誇るM・ドゥーハンを向こうに回して、
地元の日本で、鈴鹿で、そのM・ドゥーハンを破っての
初優勝!!

あの時はほんとに手に汗握ってブラウン管を見つめていた事を
覚えています。
最後の最後まで、
「転倒すんなよ~!!」
「あと、ちょっとだ~!!」
と、半ば叫びそうに
なって見てましたっけ。

本当に衝撃的でした。
まさか日本人がWGP500ccクラスで優勝するとは。
なんか、

日本人でもやればできる!!

みたいな。
あの時はそんな事を考えてたように思います。
Kawasaki派の私でしたが、YAMAHAがちょっとカッコよく見えたりして。
そんな事を覚えています。


・・・ところが、そんな阿部選手が突然の事故死。
それも、500ccスクーターに乗っていての事故。
原因は前方を走行していたトラックが突然Uターン禁止区域で
Uターンした為だとか。


独特の前輪に荷重させたライディングスタイルから、天才ライダーと
いわれた阿部選手。
世界を舞台に活躍していた同世代がこの世を去った事が
非常に残念でなりません。

阿部典史選手のご冥福を心からお祈りいたします。

ページの先頭へ戻る